薬剤師の面接で失敗しないためのサイト

面接は時間厳守で

薬剤師の面接での失敗に意外と多いのが、遅刻です。 道に迷ってしまってなどの遅刻は大きな減点の対象となりますので、気を付けましょう。 万が一面接の時間に遅れそうな場合は、あらかじめ電話を入れて遅刻理由と到着予定時間を伝えるのがマナーです。 しかるべき理由で送れる場合やちゃんと連絡を入れている場合は、それほど減点対象になりません。

こういったことが無いように、面接の前には面接場所をかならず確認しておくようにしましょう。 道に迷ったなどという言い訳は、面接に対する事前準備ができておらず、仕事の詰めが甘い人間と見られても文句は言えません。

面接で送れて減点されることはあっても、早く来て減点されることはありませんので、10分前には面接会場に到着するようにしておきましょう。 指定の時間より早く来てうろうろしていると不審に思われることもありますので、受付の人に面接に来たことと時間より早く着いたので待たせていただきますと伝えておくと良い印象です。

詳しく薬剤師の転職情報を知りたい方は、転職回数3回の現役薬剤師が教える求人サイト徹底活用術がおすすめです。